1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2019年
  5. 除水量が多いときと少ないときがあるのはなぜでしょうか…

なんでも相談室

2019年スマイル冬号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

除水量が多いときと少ないときがあるのはなぜでしょうか?出過ぎても出なくても心配です。

(85歳 女性 PD歴5年3ヵ月)

腹膜透析(PD)における除水は、「水分を抜き取る」ために行われるものではありません。「体内の水分量を調節する」「余分な水分を除去する」ために行われるものです。すなわち、体の「水分が多過ぎる」ときには除水量も多くなりますが、水分が過剰でなければ除水量はそれほど多くなりません。子どものころのことを思い出してください。たくさん水を飲んだ後はおしっこもいっぱい出ますが、夏の暑いときに喉がカラカラになって水を飲んでもあまりおしっこは出なかったでしょう。それとだいたい同じ原理だと考えてください。除水量が多くても少なくても、結果として毎日の体重が同じくらいであればよい状態を保てていると考えましょう。

回答者
福井県済生会病院 腎臓内科 部長 潮木 保幸 先生

福井県済生会病院

腎臓内科 部長 潮木 保幸 先生

ページトップ